故人のクレジットカード解約について

###Site Name###

クレジットカードを解約したいという場合、その手続きを行うことが出来るのは、所有者本人のみです。

例外として、所有者がなくなった時もしくは被後見人が申請するという場合にま行うことが出来ます。
しかし、クレジットカードを所有者本人以外の代理人が解約する場面に遭遇することは考えられます。


例えば、所有者本人が事故や病気などにより会話をすることが出来い状態にあるというときです。

このような場合には、カード会社に相談することにより、代理人が解約をすることが認められることがあるようです。



所有者本人が亡くなった場合でも、手続きをしない限り、クレジットカードが自動的に解約されるという事はありません。


年会費が有料である場合には、永遠と年会費を支払い続けなければならないことにもなりかねません。その為、所有者本人が亡くなった場合には、早めにカード会社に連絡をするようにしましょう。

その際に必要となる情報としては、所有者本人の氏名・住所・生年月日・銀行口座やカードの番号などです。



残債があるという場合には、相続を放棄しない限りは法定相続人に支払い義務が生じますので、カード会社から請求されます。

解約手続きの方法については、カード会社によって異なりますが、電話で行うことが出来るところが多いようです。
解約したカードについては、破棄しますが、そのままの状態ではなく、必ずハサミなどで切るなどしてから捨てるようにすることが大切です。