クレジットカードの審査で意外と気づかないこと

###Site Name###

クレジットカードの審査では、年収や勤務形態などのほかにも、さまざまな項目が見られます。
意外と気づかないポイントについて解説をします。

クレジットカードでは、実家に住んでいることにすると審査に通りやすいという噂がありますが、これは本当です。



実家に住んでいる人は家賃がかからないので、賃貸に住んでいる人と比べて、自由に使えるお金が多いと見なされます。

住宅ローンが残っているマイホームに住んでいる人は、実家に住んでいる人に比べると不利になりますが、賃貸に住んでいる人に比べると有利になるようです。



住宅ローンを返済し終わると、家が資産になること、引っ越しをして住所不明になるリスクが低いことなどが理由です。

個人信用情報が重要になるということは、よく言われていますが、携帯電話の滞納がクレジットカードの審査落ちの原因になるということは、意外と知られていません。

携帯電話の料金の中に、本体の割賦払い料金が含まれている場合には、信用情報に傷がつきます。携帯電話の支払いは甘く見ないほうがよさそうです。



奨学金の滞納が社会問題となっていますが、日本学生支援機構の奨学金を3ヶ月以上滞納すると、ブラックリストにのってしまいます。奨学金の滞納はとても危険なので、減額返還などの制度を利用して、ブラックリストにのってしまうことは絶対に避けるようにしましょう。


クレジットカードだけでなく、将来の住宅ローン審査などにも大きく影響してしまいます。