クレジットカードに対する間違った誤解について

###Site Name###

クレジットカードには、いくつかのネガティブな意見があります。

先ず最初にセキュリティの面でリスクがある、との指摘があり、その点を気にされてカードの契約をずっと先送りにしている方々もいます。
確かにカード決済はユーザーの見えないところでお金が動いているため、いささか不思議なシステムではあります。しかし、今日のクレジットカードにおいて、現実的なセキュリティ面の脆弱性は見られません。



登録した個人情報はカード会社が責任を持って管理します。


また情報はセキュリティ力の高いサーバーで管理されるため、個人情報の流出等とは無縁です。

万が一、誰かに悪用されてしまったとしても、利用者がその旨をカード会社に知らせれば、被害への対応が受けられます。



また自分のカード情報を悪用した人物は即、特定されるため、実質的な被害はありませんし、そもそも現実問題として、いわゆる一般庶民がクレジットカードの情報を盗まれる事は天文学的確率であり、気にする必要は無い程、稀な事です。

次のクレジットカードに関するネガティブな意見ですが、審査が厳しくて一部の富裕層の人間や大企業のサラリーマンしか作れないのでは、といった指摘がありまするこちらも以前だと確かに審査基準が厳しくカード会社によってはそういった傾向が見られました。



しかし、今では一般的な仕事に就いている社会人であれば、クレジットカードの審査落ちに遭う事は無くなりました。

パートタイマーに出かけられている主婦の方も、今では普通にカードが持てますし、カード会社によっては学生や専業主婦でも作られるようになりました。